こんにちは。

 

子供の頃から1月5日は

奈良の南市恵比寿へのお参りが恒例でした。

 

小さい頃、この時期TVで、大きな恵比寿神社の放送を見て

父に「何でウチはこの大きな恵比寿さんに行かないの?」と

よく聞いていたのを覚えています。

 

その度父は

ウチは奈良で商売してるから、奈良の神様に手を合わせないと。と。

そういう人でした。

 

私は、【へぇ〜 ふーーん。】と関心もなく聞いていましたが、

父の言葉はこの歳になっても、しっかり脳に残っている様で、

1人で来る様になり色んな恵比寿さんに浮気しましたが、結局、奈良の恵比寿さんに戻って毎年お参りしてます。

 

数年前からは宵宮にくる様になりました。

宵宮の雰囲気は良いですね。

 

 

人混みを避ける様に抱いてくれていた父はもう居なく

手を引いてくれていた母は、いつしか自分が手を引く様になり

寒さと足も辛そうで結局1人で参る様になり、

今となれば主人とのお参りです。

 

年に一度訪れるこの場所は沢山の思い出に出会えます。

 

仕事一番。家族サービスとは無縁な父と、唯一毎年出かけた貴重なイベントでしたからね。

思い出ぎっしりなんですよ。レア過ぎて(笑)

 

そんな感じで

年に1度お参りする奈良の小さな恵比寿さんは

年に1度、両親に手をひかれた、小さい頃の私に会える場所でもあります。

 

0