究極の開運法だと思います。

こんにちは。

相変わらずのコロナな日々ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

スーパーにいくと、やたらと小麦粉減ってるな〜と思うのですが

それも、そのはず、SNSではおウチ生活を楽しくとパンを焼かれている方多いですね〜

やーすごい!

私はホームベーカリーで焼いて失敗する人ですから、パン焼く方は神の領域です。

おウチでパンを焼かれる方は、マジリスペクトっす!!!です。

 

それと同時にコロナと背中合わせで頑張っておられる医療従事者の方。

スーパーの品物が途切れないようにとして下さっているお店の方。

本当にすごい。感謝しかないですね。

これこそ、リスペクトです。この2つが今途切れると世は大パニックです。

本当にありがたい。。。

 

今日は事故、ケガの予防法を書きたいと思います。

 

紫微斗数のお勉強で、私が学んだ「これはいい!」と思える事は、じゃんじゃん

発信していきたいと思っています。

 

今輸血の血液が足りていないとテレビで言われていました。

外出制限ありますもんね。出歩く人が少なくて、献血する方も少ないので

血液が足りていないそうです。

 

 

紫微斗数で事故、ケガを見る方法があります。

これが、発生するか、発生するならいつか、大きいものか、小さいものか

これは人それぞれな訳ですが

 

先生に教えて頂いた解決策のひとつは献血だそうです。

 

献血で血を出す事は、事故にあったと同じ意味となって、大難が小難になる。と。

後、人助けの意味となります。だから献血って、とても意味がある事なんです。

 

 

実は私ですが、算命学で見ると20代後半、なんかあったでしょ?と言われるものが出ています。

この歳に、事故や大ケガ、最悪命を落としていても・・というものが命式にあります。

算命学でみるとハッキリ出てます。

でもね、なーにも無かったんですよ。あはは。

その頃算命学の生徒さん方にも「本当何もなかったの???」とよく聞かれました。

その位、ヤバめなものだという事をご察しください。。。

 

でも、念の為、よーく、よーく考えると・・・・

 

私、この頃ね、献血していたんですよ。

その頃務めていた所に、何か月ごとに献血車両が来ていたので、来たら必ずやっていました。

人生で初の献血もここからだったんです。

ちょいとお仕事抜けてリフレッシュできる上、献血すると周りにホメてもらえるという良い事尽くめな献血。

後、血液の量でプレゼントが違うんですよね(笑)

ブランド物のハンカチも頂けたりね。

そして係の方に

「あなた血が濃いわね〜。男性並みね!」と複雑なホメられ方しつつ、タップリ取って貰っていました。

 

しかし、献血にそんな大きな意味があったとは!

紫微斗数を学んで、先生から教えて頂き( ゚Д゚)ハッ!となった訳です。

 

もしかしたら、その頃ケガもせず、無事今まで生活させて貰っていたのは、献血のおかげかも。

知らないうちに、大難が小難になっていたのかなと。

 

たまたまその時期に、献血車が来る職場にいたこと。

いや、たまたまじゃないのかも。きっと、そうして貰えて居たのかもしれない。今考えるとこれは大ラッキーでした。

 

献血は誰にも出来る、開運法だと身を持って知りました!

 

そして紫微斗数の私の命式は、一生事故、ケガには少々気を付けないといけないものとなっており

(実際、車にも乗りますしね。海のスポーツもしますしね)

 

 

自分の運気の対策は出来て、そして誰かのお役にも立てる

献血始めます!(*´▽`*)

日本赤十字社

 

 

 

随分とご無沙汰になっていたので、ドキドキですが(笑)

お身体の事情も人、それぞれ。

もし、可能であるなら、献血おススメ致します☆

 

今日もお読みくださりありがとうございました。

 

 

******************************

ならまち端っこの占い

kinotokoro【キノトコロ】

お問合せは コチラ
鑑定詳細はコチラ

2,3日経って返信が無い場合は、お手数ですが再度メールお願い致します。

******************************

 

 

0
    コメント