勉強生です。

こんにちは。

ここ数日でやっと冬を感じる様になりました。

冬らしくない暖かい日が続き、これなら海に行けるね!と

海へ行こうとすると冷え込むという。。。

 

 

年明けから新しい占技を取得すべく勉強中です。

そんな中、鑑定のお話も頂き、算命学で鑑定し、新しい占技を学びと頭がパンクしないか心配です。

ご察しの方も多いと存じますが、そうなんです。

私。おバカちゃんなんです。あはは(笑うしかない)

 

この間体のメンテナンスに行くと、先生から「右脳が相当疲れてますね」と。

あ、やっぱり?('ω')

という訳でブログで現実逃避です。。。

 

私の主観ですが、新しい占技を習って思うのは算命学は特殊な占技なんだなと。

 

今勉強している占技は四柱推命に通じるものが沢山あります。

より深く学ぶと、算命学とも通じる所が出てくるかもしれませんが

見る柱の特性も違うし、四柱推命では重視しない空亡と呼ばれるもの

これは算命学で天中殺と呼ぶのですが、これを重視します。

算命学の70%は天中殺と言っても過言ではないほどです。

かといって6種類ある天中殺で、人が皆6パターンであるわけではありません。

そこを深く読んでいくのが難しくもあり楽しくもあり算命学の醍醐味な部分かなと。

 

天中殺で親兄弟との関係を知り(これが大事)

その方の持っている人生の特徴みたいなのを知り

その方と家庭や社会との関わりを知ったりと

どうして生きていけばいいのかが、天中殺には色濃く示されます。

特に親子関係。

親子関係のカタチは思った以上に、人の生き方や人生に大きく左右されるよと教えてくれるのは算命学だけかなと思います。

 

後、出生時間が必要ないのも算命学の特徴ですね。

時柱を必要としません。

時柱が必要な占技で時間がないと鑑定内容が大きく変わる事もよくあるのですが

時柱を使わない算命学は、出生時間不明の方でも確かな鑑定が出来るのも良い所です。

 

でもですね、新しい占技も相当楽しいです。

とても素晴らしい占技です。

もちろん、算命学では出ない様な事も沢山示されます。

 

この2つを比べると

同じような鑑定になる事も

真反対な結果になる事もあるのですが

 

アプローチが違うだけで随分と受け取り側の対応も変わるんだなと驚いています。

 

この間初めて鑑定させて頂いたクライアント様は占いが大好きで

いつも見てもらう占い師さんがいらっしゃる程だそうです。

 

今回私が【いつもと違う占い師さん】となったわけですが

占う占技が違うと、こんなに受け取り方が変わるんだと。

ヒントが沢山あり楽になりましたと大変喜んで下さいました。

 

そうですね。

楽しいですよね。占いって。

私も大好きだなと。

この仕事については随分悩んだ時期もあったけど、自分が好きな事で誰かの役に立てるって実はすごい事なんだなと。

最近になって、やっと思う様になりました。

勉強は大変ですが、鑑定は本当に楽しい。

 

算命学もまだまだ勉強中で

師が居ない事は確かに大ダメージで

でも、止まっていられないと。前に進まなきゃと新しい占技をはじめた訳ですが

この事にもちゃんと意味があるのかな〜と

思いつつ進んでいる今日この頃です。

 

因みに算命学では晩年期、アルツハイマーにならない星があるので安心していたのですが

新しい占技では「認知症注意」でした。

誠でござるか!ここ被る?

てか、どうしたらいいのよ??(笑)

 

と、新しい占技で衝撃事実が沢山出ているので、それはまたネタとして書かせて頂きます('ω')ノ

 

今日もお読み頂きありがとうございました☆

 

 

エリカ。

 

 

******************************

ならまち端っこの占い

kinotokoro【キノトコロ】

お問合せは コチラお気軽にどうぞ
2,3日経って返信が無い場合は、

お手数ですが再度メールお願い致します。

******************************

 

 

 

 

 

 

0
    コメント