寿命

こんにちは。

今年も本当に後少しですね。

毎年の事ですが、周りも騒がしく。忙しなく。

 

12月は自分の命式の月支も沖動になので 【ゆっくり】過ごす事を一生懸命やってます。

師走にゆっくりなんて、カナリの神業ですが 。

『今年中にやっておきたい事』は可能な限りコンパクトに。

今まではヘロヘロ状態のお正月を多々過ごして来たので、

元気なお正月になる様12月の行動には気をつけています。

 

 

そんな最中、師との突然過ぎる別れがやってきました。

 

私は丁度、最後に笑顔でお別れした一週間後に、訃報を知る事となったのですが。

最後は冗談言いながら笑顔で別れたのですが。

 

余りの衝撃に頭がまっ白に。

 

今までね、

人に話すと「重すぎて笑えないわ!」と言われる様な

あんなこと

こんなこと

経験してきましたけどね。

頭まっ白なんて経験は初めてでした。

 

ニクイじゃないですか。先生。

この歳の女の「初めて」を奪うなんて

罪重いですよ!

 

1日1日を一生懸命生きる。

一期一会。

今日が最後。

悔いのない人生。

 

思ってはいてもなかなか難しい。あんた出来てるの?なんて聞かれたら全く自信がない。

日常に追われ、余裕もゆとりもなく。家族に笑顔になる事すら難しい時も沢山あり。

 

そんな中でも、

先生との最後が笑ってた事は、私の唯一の心のヨリドコロで。

 

おサレ帽子姿の先生の笑顔

ずっとずっと忘れないだろうな。

何故か笑顔がずっとずっと

頭に焼き付いて離れません。

2019年は、私にとって、別れの1年ですね。。。   

 

私は、数々の占技と出会い、出会った数だけ師との出会いもあり。

そんな中、人の寿命、博打などは占う事はタブーと教えられてきました。

それは言われた事もあるし、自分でも腑に落ちる所でもあり

気がつくと自分の中でも鉄則でした。

タブーとしている事は他もありますが、長くなるので省略します。

しいて言うと「彼、奥さんといつ別れますか?」

的なのも見ません(笑)

 

話は戻り

なので算命学で「寿命計算」を教わった時には

ホンマかいな?と。

駄目なんじゃないの??

え??と。

 

複雑な思いもありながら教わりましたけどね。

一応、ノートもありますよ。

 

でも今回

自分で思った事は

「やっぱり寿命計算はやらない」でした。

 

これは占技どうこうでは全くなく

私一個人の主観で、です。

 

もちろん知りたい時もあります。

例えば、老後や介護にはお金もかかります。家族は金銭的にも精神的にも色んな面で目途を知りたい時もあります。そんな時は先行きの見えなさが不安になる事もあります。

それで鑑定したとしても、それも目途の一つでしかありません。

 

でも本当に、本当に必要なら・・という気持ちはあるのですが、

師の訃報を聞いた時、思ったんですよ。

 

自分が体感した事を、クライアントさんにさせたくない。

し、やってはいけない。絶対に。と。

余りに色々な理由があり過ぎるので、省略しますが。

 

どんな立派な占技でも

知るべき事、知らない方が良い事

人間が入って良い領域、入ってはいけない領域は必ずあると思っています。

仮に当てる事が可能であっても・・・です。

 

よく「寿命解るんですか?」と聞かれる事も実際あるのですが

答えはnoです。

noでなきゃいけない。

noであるべきだと

 

今日が最後と

そんなつもりで一生懸命生きる。

その為の占い。

その為に活かせる占技。

 

これからは師からの色んな教えを、そうして活かしていこう。

 

「そう思ったなら、そうすりゃいいよ!」

 

師もきっと、笑って、そう言ってくれると願って。

0
    コメント